出産祝いの贈り物で喜ぶもの・喜ばれるもの、祝い金の相場やその他出産祝いに関して、いろいろな情報を提供し、贈り物の悩みを解決します
出産祝い
 Home 上手な贈り方 祝い金・贈り物相場 お祝い状・送り状 お礼状の書き方 手紙・葉書の書き方 運営者・運営方針 サイトマップ
  
 
<お祝い・贈り物マナ−> 
 
 現金を贈る時のマナ−
  贈り物を贈る時のマナ−
  花の贈り物のマナ−
  お返しを贈る時のマナ−
  お中元マナ−
  お歳暮マナ−
  


 ■目的で選ぶ贈り物
 
  ◎誕生日祝い
  ◎出産祝い 
  ◎結婚祝い
  ◎新築祝い
  引越し祝い
  ◎還暦祝い
  ◎結婚記念日
  ◎開店祝い
  ◎発表会・個展 
  ◎内祝い 
  ◎受賞祝い
  ◎お見舞い

  ◎快気祝い

 ■季節の行事の贈り物
  ◎こどもの日
  ◎母の日
  ◎父の日
  ◎お中元ギフト
  ◎敬老の日
  ◎七五三
  ◎お歳暮ギフト
  ◎クリスマス
  ◎クリスマスイブ
  ◎お正月・お年賀
  ◎成人祝い
  ◎バレンタインデ−
  ◎桃の節句・雛祭り
  ◎ホワイトデ−
  ◎入園祝い
  ◎入学祝い
  ◎就職祝い
  ◎定年退職祝い
  
   
 出産祝い贈り物(トップ)
 
 ■プランで選ぶ
  ◎3,000円〜
  ◎5,000円〜
  ◎10,000円〜
  ◎15,000円〜
  ◎20,000円〜
  ◎25,000円〜
  ◎30,000円超
  
 
 
 ■贈り物と心づかい
  花の贈り方
  スイ−ツの選び方
  グルメ/食べ物の贈り方
  生活雑貨、小物贈り物
 
本、CDの贈り物
 
  デジタルフォトフレ−ム
 
 ■その他
   心づけ
   手土産

 プリザ−ブドフラワ−
   
 
   初めての方へ

   お問い合わせ

  個別相互リンク集
    リンク集1
    リンク集2
    リンク集3

   リンク集4
    リンク集5
    リンク集6

 
  感謝のメッセ−ジ
 

     ホ−ム > 出産祝い 喜ぶもの 喜ばれるもの                                            

        出産祝いで赤ちゃんやお父さん、お母さんが喜ぶもの・喜ばれるもの、贈り物に関して、いろいろ情報を提供しています。 
         

    ★出産祝い     

   ◎出産祝いの贈り物/喜ぶもの 喜ばれるもの

         初めて生まれた赤ちゃんに、また頑張ったお母さん、それをフォローしたお父さん、そんな家族の
       
       ためにも何か祝福してあげたい、何か出産祝いとして喜ぶものをプレゼントしてあげたい。

       そんなあなたの想いが少しでも伝わるようにと、思っています。

       
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
出産祝い/喜ばれる贈り物
icon
離乳食期に長く使えるセット
として好評のお祝い品です。

iconランデブー/はじめての食器
11点セット
icon
icon
誕生から子供の成長をたくさん
記録に残しておきたい贈り物。
icon
【箱付】お名前・誕生日を刺繍
できるメモリアルベビーアルバム
icon

軽くて柔らかい赤ちゃんの肌
にやさしいフリース素材です。
マント&ミトンセット(ミキハウス)

                
 → 
出産祝いの喜ばれる贈り物のの詳細は、こちらの 出産祝い赤ちゃんの喜ぶ贈り物 をどうぞ


           

    ★出産祝い     

    ●出産祝いの贈る時期について

       ・出産祝いの贈り物を贈る時期は、出産退院後まだ母子ともに体調が落ち着かないので、身内やごく親しい人

           以外は訪問を控え、なるべく出産祝いはデパ−トなどから贈るか、宅配便、郵便で贈るのがよいでしょう。

          
 また、第一子に出産祝いを贈ったら、第二子、第三子にも同じように贈るようにします。

       ・出産祝いの贈り物を
場合には、生後7日〜1ヶ月位を目処に贈ります


        ワンポイントアドバイス
          
 第2子や第3子の赤ちゃんの出産祝いについて、品物を贈る場合には、上の子のお下がりがあるの
           で注意しましょう。

           おもちゃや絵本はたくさんあり、衣類も上の子のお下がりで使う場合が多いと思います。

           そこで、親しい間柄のときは直接本人に聞いてから贈る方が一番ですが、それほどの仲でもない場合
           にはちょっと変わったファンシ−なものとか、おしゃれなベビ−グッズなどが喜ばれるかもしれません。

      

  
      

    ◆出産祝い金の相場

        結婚式と異なり、出産祝いの金額の相場はとくにない、といわれています。

         地方や付き合いの度合いによって金額の違いがあるようですが、気持ちを伝えるものであればよいようです。

         一般的には親族からのお祝いであれば1万円〜2万円が相場で、

         友人として5,000円〜1万円位がいいとされています
         
贈る側 出産祝い金額の目安
兄弟・姉妹 1万円〜3万円
親戚 5,000円〜2万円
友人・知人 5,000円〜1万円
隣り・近所 5,000円〜1万円
会社関係 5,000円〜1万円

  
    ワンポイントアドバイス

           
友人が数人で現金を贈る場合には、一人5,000円にこだわる必要はありません。

          例えば、5人で贈る場合には5人合わせて、2万円位を包むのも特に問題ないと思います。

          特に、出産祝いで友人が数人で一緒に家に訪問するときなどは、他にチョットした品物も
          持参する必要もあります。 

          
  
  

    ●出産祝い金を贈る場合について

         出産祝いの贈り物ではお返しをする場合のことを考えると、やはり現金がもっとも喜ばれるお祝いです。
          
          現金を贈る場合には、表書きは『御出産御祝』、または『祝御出産』とします
。 




     ●出産祝いの贈り物選びのポイント         
       出産祝いの贈り物を選ぶときは、始めて生まれた赤ちゃんの命が芽生えたという、命のいとおしさがあります。

         そこで、贈る側もその命が芽生えた、これから大きく丈夫に育ってほしいというイメ−ジを連想させるような物や

         色を基調としたものを選ぶと、贈った人のセンスや贈られた人のうれしさも倍増すると思います。


         品物としては、『誕生』や『育む』をイメ−ジするようなものや、色を基調とすれば、女の子はピンク色、男の子
   
         は、水色又は若草色などをイメ−ジしたものを贈ると喜ばれるでしょう。




      
出産祝い贈り物選びポイント:その1

         世界でたった一つの贈り物なんて素敵ですね。

         例えば、ブランケットに赤ちゃんの名前やイニシャルを入れて贈るとか、赤ちゃんの手形や足型などの刻印
    
           できるものを贈る、赤ちゃんが生まれた生年月日と名前を刻んだ記念品やアルバムなど、オンリ−ワンとなる

           ものを贈ることも良いと思います。



       
出産祝い贈り物選びポイント:その2

        高価なベビ−カ−や外出用のベビ−ドレスなど、自分一人では高価で買えない、けどどうしても買ってあげたい

          というようなときは、友達などで皆一緒にお金を出し合って連名で贈るのもありですね。

        高価なものほど、なかなか買えないもので、でも生まれたばかりの赤ちゃんに必要なものもあります。

        そういう出産祝いの贈り物ほど、もらった相手は非常にうれしいもので、記念にもなります。


       

        
    ●出産祝いの贈り物一覧  
  
       出産祝いの贈り物として喜ばれるものに、以下のような商品があります。

        定番では    使い捨て紙おむつと粉ミルク  絵本  育児用品  授乳服  靴  靴下 ベビ-服 おもちゃ
      
        ママのお出かけ用に   お出かけ用品セット(夏服など)  マザ−ズバック ベビ−バスケット  ベビ−バック

        同じ絵本でも   布絵本  絵本セット 育児本  音の出る絵本

        重宝するもの   乳児用歯ブラシ 子供用いす  授乳枕  おもちゃ券 商品券 アルバムとフォトフレ−ム

        子供にうれしい   積み木  木のおもちゃ  LEGのディブロ

        チョット変わって   印鑑  銀のスプ−ン 赤ちゃん用のバスロ−ブ  子供の誕生日アクセサリ−

        日常品として     離乳用食器セット  よだれかけ  産後の肌に塗るクリ−ム

        その他        写真立て 臍の緒入れ 帽子 商品券 食事券

     
      

      ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    
         
   ●出産祝いのマナ−
    

 
出産祝いマナ−

   ・出産祝いの贈り物を贈る場合には、産婦の健康が十分回復したころ、いわゆる『お七夜』という赤ちゃん
    が生まれてから7日目をすぎてからお届けするのがマ−ナ−といわれています。

   ・入院中に病院を訪ねるのは、なるべく避けるのがマナ−です。

    産婦は、出産後にはゆっくり静養して、体力をつけておかなくてはなりません。

    産婦から「会いに来て」というような場合以外、病院へのお見舞いはできるだけ遠慮しましょう。

    もし、病院に行く場合には、出産祝いとしてではなく、お見舞いというような感じで、花かごや好物などを
    持って赤ちゃんを見たら、すぐに帰るようにしましょう。

   ・出産祝いには、肉親以外の男性はいかないのが常識とされています。

   ・親戚・友人・知人のお祝いやお 見舞いは、お七夜以降(退院後1週間ぐらい)にしましょう。


 ●
出産祝いの贈り物を贈る時の注意点は?

   ・品物の場合はミルクやオムツなどの消耗品が喜ばれことが多いですが、その場合には使っているメ−カ−
    をなるべく確認した方が無難です。

   ・赤ちゃんはどんどん大きくなるので、洋服などは半年後、1年後に着られるものを贈り物として贈るのがよい
    とされています。

   ・出産祝いの贈り物を贈るタイミングを逃したときは1歳の誕生日祝いとして贈るようにします。



    ワンポイントアドバイス

        出産後すぐに使うものは、すでに6ヶ月前ごろから生まれる日がわかっているので、大方の赤ちゃんの

        必需品(生まれてすぐ使うものなど)は、両親や本人がすでに用意していることが多いものです。

        そこで、育児用品を贈る場合には3〜4ヶ月後から使うもの、ベビ−服などは半年〜1年後に着られるもの

        を選ぶようにしましょう。

        また、その場合には男の子か女の子かを確認してから贈りましょう。

   

 ●赤ちゃんの縁起物
 

   ・西洋では赤ちゃんの縁起物として、銀スプ−ンや幸せを呼ぶベビ−リングなどがあるようです。

   ・日本では、赤ちゃんの縁起物として昔から犬張り子、でんでん太鼓などがあり、赤ちゃんを守るものとされ
    ています。



    

    
●産院関係者へのお礼

       
出産でお世話になった産院の先生や看護婦さんへは必ずお礼の挨拶をするようにしましょう。

           感謝の気持ちとして簡単な贈りものをするようにしましょう。

           原則として謝礼を渡す必要はありません。

          しかし、難産などで特に世話になったときには、先生に謝礼として1万円〜2万円の現金を贈ることもいいと思います。
        
          看護婦さんには、全員に行き渡るお菓子や果物などを贈るのが一般的です。 
        
           病院によっては一切受け取らないところもありますので、その場合には無理強いすると、かえって失礼になるので、事前
           に周囲の人に様子を聞いておくことがいいと思います。 


      
    ★出産祝いのお返しについて

       
お返しは内祝いとして必ずお返しをします。





    
有名店の出産祝いの贈り物


    

    
 

                          出産祝いトップへ
ライン