お中元のマナ−を知りたい方、またお中元にどんなものを贈ったらいいか、お悩みの方に贈り物に関してサポ−トします!
贈り物マナ−の基礎知識
 Home   上手な贈り方 祝い金・贈り物相場 初めての方へ お祝い状・送り状 お礼状の書き方 お中元マナ−Q&A サイトマップ
 
 <お祝い・贈り物マナ−> 
 
 現金を贈る時のマナ−
  贈り物を贈る時のマナ−
  花の贈り物のマナ−
  お返しを贈る時のマナ−
  お中元マナ−
  お歳暮マナ−
  
  ■目的で選ぶ贈り物
   ◎誕生日祝い
   ◎出産祝い 
   ◎結婚祝い
   ◎新築祝い
   ◎引越し祝い
   ◎還暦祝い
   ◎結婚記念日
   ◎開店祝い
   ◎発表会・個展 
   ◎内祝い 
   ◎お見舞い

  ■季節の行事の贈り物
   ◎こどもの日
   ◎母の日
   ◎父の日
   ◎お中元ギフト
   ◎敬老の日
   ◎七五三
   ◎お歳暮ギフト
   ◎クリスマス
   ◎クリスマスイブ
   ◎お正月・お年賀
   ◎成人祝い
   ◎バレンタインデ−
   ◎桃の節句・雛祭り
   ◎ホワイトデ−
   ◎入園祝い
   ◎入学祝い
   ◎就職祝い
   ◎定年退職祝い

   
 プリザ−ブドフラワ−

 提携しているサイト
 
 
  
    ホ−ム >  お中元マナ−                     


お中元の贈り物マナ−      
     

  お中元はお歳暮と同様、お世話になった人への感謝の気持ちを贈り物という形で表すものです。
  日頃お世話になっている人へ心の気持ちを伝えましょう。

  マナ−を守って正しく贈るようにしましょう
  また贈る時のタブ−があることも考慮して贈るようにしましょう。

                       


    ○お中元を贈る時のマナ−


      
その1:贈る時期

              お中元を贈る時期は、7月に入ってから15日間(7/1〜7/15)とするのが、一般的とされています。
              かように旧暦の7月15日を目安に贈るのが習慣とされています。

              ただ、関西では7月末〜8月中旬(旧盆)に届くように贈る習慣があるようなので、その場合にはそれに
              従って贈った方がよいでしょう。

              7月15日を過ぎたら、暑中見舞いとして贈るようにします。(中元の意味からも7月15日に贈るようにしましょう。)
      

                     

        
その2:贈り方は持参が本来のマナ−ですが、最近は配送するのが一般的です。 

              お中元もお歳暮と同様、直接訪問して渡すのが本来のマナ−ですが、むしろわざわざ持参すると、先方に
              負担をかけることになるので、宅配便やデパ−トの配送などを利用した方が無難です。
 

   



      
その3:相手の家族構成や人数を考えて贈りましょう。

              お中元を贈る時に、相手の家族構成や人数を考えて品物選びをしましょう。

              1人暮らしの人に賞味期限の短い食品を送ったり、量の多いものを贈るべきではありません。
              子供のいる家庭では高級品よりも子供が喜ぶものを贈った方がよいでしょう。



          ワンポイントアドバイス

          
    
お中元もお歳暮と同様に贈る品は、決して豪華なものである必要はありません。
                品物が実用品などの平凡なものでも、毎年、同じ品を贈ることで、印象にも残り、楽しみにして
                もらえることがあるものです。


       

     
 その4:贈る品物は相手の人に配慮あるものを贈るようにしましょう。

            
アルコ−ルの苦手な人や飲まない人にビ−ル、お酒やワインなどを贈ることは避けましょう。
              また、甘いものが嫌いな人やお菓子を食べない人にお菓子を贈らいように、事前にリサ−チをして相手の好みな
              ものを贈るようにしましょう。

              また、お中元のような儀礼的なものを受け取らない方もいるので事前にご主人などに確認しましょう。



      
 その5:贈る品物はその年によってバラつきのないようにしましょう。
        

              毎年贈っている相手へは、毎年なるべく同程度の金額の贈る物をするように心がけましょう。
              その年によって、金額が異なったり、豪華にしたり、粗末にしたりすることは避けましょう。

              毎年贈った相手の品物の金額をメモしておくなどしておくと、次回贈るときに役立つでしょう。

            
ワンポイントアドバイス

                
贈る品物は、あまりに金額の高いものを贈っても相手に負担をかけすぎてしまうことがあります。
                3,000円〜5,000円ぐらいの金額が一般的です。

                ただ、金額的には、お中元を3,000円としたらお歳暮を5,000円というように、お歳暮にやや比重を
                置く贈り方もあるようですので、一考です。



 

       
その6:贈る相手が、目上の人の場合は次のことに注意しましょう。

                お中元を贈る品物もお歳暮と同様に、目上の人に贈らない方がよいとされているものがあります。

                ・時計は、「より勤勉に」という意味を表すとされていますので、避けましょう。

                ・靴や靴下は、相手を「踏みつける」という意味にとられてしまう場合があります。

                ・商品券やギフト券は、相手を低く見ているという印象を与えるので、原則として贈らない方がよいと
                 されていますが、これらは喜ぶ人もいるので、喜ぶ相手に贈ってもよいとされています。

                 ただ、その場合には、送り状で一言『失礼かとは存じますが………』という文言を入れておくとよいと
                 思います。


        
その7:お中元を贈ったら、お歳暮も贈ることがマナ−とされています。
   
           
もしお世話になったけど、どちらを一方にしたいときは、お歳暮を贈るようにしましょう。
               
お歳暮はその年を締めくくる贈答であり、お中元よりも重要な意味を含んでいるものだからです。   




      詳しくは、お中元マナ−Q&Aへをご覧ください。  


                             お中元マナ−トップへ