誕生日や結婚祝い、出産祝い、結婚記念日などの贈り物について、どんなものを贈ったらいいか、目的毎、予算毎にまとめた贈り物のすべてががわかる贈り物百科
お祝い贈り物がうれしい 笑顔の玉手箱
Home 贈り物のマナ− 祝い金・贈り物相場 お祝い状・送り状 お礼状の書き方 初めての方へ 運営者・運営方針  サイトマップ
    
   <お祝い・贈り物マナ−> 
 
 現金を贈る時のマナ−
  贈り物を贈る時のマナ−
  花の贈り物のマナ−
  お返しを贈る時のマナ−
  お歳暮マナ−
  

  ■目的で選ぶ贈り物
   ◎誕生日祝い
   ◎出産祝い 
   ◎結婚祝い
   ◎新築祝い
   ◎引越し祝い
   ◎還暦祝い
   ◎結婚記念日
   ◎開店祝い
   ◎発表会・個展 
   ◎内祝い 
   ◎受賞祝い
   ◎お見舞い


  ■
季節の行事の贈り物
  
   ◎こどもの日
   ◎母の日
   ◎父の日
   ◎お中元ギフト
   ◎敬老の日
   ◎七五三
   ◎お歳暮ギフト
   ◎クリスマス
   ◎クリスマスイブ
   ◎お正月・お年賀
   ◎成人祝い
   ◎バレンタインデ−
   ◎ホワイトデ−
   ◎入学・卒業祝い
   ◎就職祝い
   ◎定年退職祝い
  

  ■プリザ−ブドフラワ−


  ■提携しているサイト
   
   
お問い合わせ

    リンク集1
    リンク集2  
 
 
 

   お礼状の書き方・マナ− > お中元・お歳暮お礼状の文例集

       

       
お中元・お歳暮のお礼状の文例集

       
 お中元・お歳暮にはお返しは不要ですが、
          もらった場合には心からの「ありがとう」の一言こそが、どんな品物にも勝るお返しとなるでしょう。


         
お礼状のマナ−
      
          ○お中元・お歳暮をいただいたら、すぐに礼状をだすようにしましょう。
            原則届いてから3日以内に出すようにしましょう。但し、相手によっては電話でもよいでしょう。
   
            また、日頃パソコンや携帯電話でやりとりしている相手には、メ−ルでも失礼にならないでしょう。   

          ○礼状の様式は、目上の人には封筒で、親しい間柄には、ハガキでもよいとされています。

          ○留守などでお礼状を書くのが遅れたばあいには、まず電話でお礼をした後に、礼状を出すようにしましょう。
            身内に対してもなるべく礼状を出すようにしましょう。

          ○冷凍食品やなま物をいただいたときは、まず届いたことを先方に電話で知らせるようにします。その後に改めて
            礼状をかくようにしましょう。        



       
お礼状の書き方

        
お礼状の書き方について、まず注意しなければならない点は、
     
           ○目上の人や、仕事上の関係者に対しては、形式どおりの文面でお礼状を書いた方が無難です。
     
            お礼状の文面の形式 ・・・・ 基本構成

             1.頭語  時候のあいさつ
               
               拝啓  晩秋の候 朝夕の寒気が身にしみるころとなりました。      

         
          
2.お歳暮をいただいたお礼と具体的な感想

               
この度はお歳暮に○○のワインを頂戴し、ありがとうございました。
               いつもながらのお心配りをいただき、感謝しております。

            3.結びの言葉
   
               よい年を迎えられますようお祈り申し上げます。

            4.結語
      
                敬具

   
        
●お礼状の例文:

        
拝啓
        
暮れもおしせまって、あわただしくなってまいりました。
          皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。
          さて、このたびは結構なお歳暮のお品をいただきまして、誠にありがとうございます。
          家族皆ハムやソーセ−ジが大好物で、さっそく家族そろっておいしくいただいております。
          いつもながらのお心遣いに感謝しております。
          風邪がはやっていますので、どうぞお体にお気をつけてよい新年をお迎えくださいませ。
                                                           敬具
           平成   年  月   日
                                      
                                                歳暮 太郎
                                                    花子

         〇〇様





       お中元・お歳暮をいただいた場合、そのお礼状は贈り物に対する感想、感謝の気持ちを率直に、具体的に伝えることが
          望ましいとされています。
           具体的には、


          ○日頃の感謝のお礼とともに、贈り物をいただいたことへのお礼を述べます。(頭語、時候のあいさつを省いく場合)
            
            前略  この度はお歳暮に○○のワインを頂戴し、ありがとうございました。
            いつもながらのお心配りをいただき、感謝しております。

           【その他のバリエ−ション】
            
            この度は、お心づくしのお歳暮(お中元)の品をいただき、まことにありがとうございます。
    
            本日はジュ−スの詰め合わせをお送りいただき、心からお礼を申し上げます。
            暑がりの家族一同、本当にうれしい贈り物でした。                      
           
         
        <お中元・お歳暮お礼状に関するQ&A>
 Q: お中元・お歳暮をもらったけど、今後はお断りしたいときにはどうすればいいでしょうか?
 
 
A; お礼状に「お心づかいありがたく頂戴したします。今後はこのようなお心使いはご不要ですので、どうか
    その旨お含みおきください。」という旨の表現を添えて書くようにしましょう。

    その場合、”立場上”や”自分の主義として”などのはっきりした断る理由があれば、できるだけそれを明示
    した方がよいと思いわれます。
    



          
                    
お中元・お歳暮お礼状の文例集トップへ