七五三のお祝いについて,その祝い方,お参り,お参りの服装、お祓いの仕方,お祝いのお返しについて役立つ情報を提供しています
発表会・個展のお祝い
Home 上手な贈り方 祝い金・贈り物相場 お祝い状・送り状 お礼状の書き方 手紙・葉書の書き方 運営者・運営方針  サイトマップ
   
 
 <お祝い・贈り物マナ−> 
 
 現金を贈る時のマナ−
  花の贈り物のマナ−
   贈り物マナ−

  お返しマナ−
  お中元マナ−
  お歳暮マナ−
  
  ■目的で選ぶ贈り物
   ◎誕生日祝い
   ◎出産祝い 
   ◎結婚祝い
   ◎新築祝い
   ◎引越し祝い
   ◎還暦祝い
   ◎結婚記念日
   ◎開店祝い
   ◎発表会・個展 
   ◎内祝い 
   受賞祝い
   ◎お見舞い
 
  ■
季節の行事の贈り物
   ◎こどもの日
   ◎母の日
   ◎父の日
   ◎お中元ギフト
   ◎敬老の日
   ◎七五三
   ◎お歳暮ギフト
   ◎クリスマス
   ◎クリスマスイブ
   ◎お正月・お年賀
   ◎成人祝い
   ◎バレンタインデ−
   ◎桃の節句・雛祭り
   ◎ホワイトデ−
   ◎入園祝い
   ◎入学祝い
   ◎就職祝い
   ◎定年退職祝い  
    

 ■贈り物Q&A
  
お中元Q&A
  
お歳暮Q&A
  お礼状Q&A
  新築祝いQ&A

 ■贈り物と心づかい
  花の贈り方
  スイ−ツの選び方
  グルメ/食べ物の贈り方

 ■プリザ−ブドフラワ−

 ■その他
  心づけ
  手土産 


 ■お役に立ち情報
   
   
 

  感謝のメッセ−ジ

   お問い合わせ
   初めての方へ

   個別相互リンク集
    リンク集1
    リンク集2
    リンク集3 
    リンク集4
    リンク集5
    リンク集6

 
  


 
  
 
 

 
 

 

   ホ−ム > 七五三のお祝い

                                           
   ●七五三のお祝いについて
 
     

        心身ともに成長の節目にあたる時期の3歳、5歳、7歳に、神社にお参りして子供の成長を祝う行事です。
    
       晴れ着を着せて、近くの神社にお参りに行きましょう。
  
   
        昔は数え年で祝いましたが、現在では満年齢で行うことが多くなっています。

          

      祝い方                       
         
           男の子は3歳と5歳で祝い、女の子は3歳と7歳に祝いますが、地域によって異なります。

           子供の成長の程度や、兄弟姉妹との年齢差などを考えて、無理なく祝える方を選びましょう。            

           参拝する日は鬼が家を守るといわれている11月15日に神社に参拝するのが昔からの慣わしになって

           います。しかし、近頃は混雑を避けて、11月15日前後の休日にお参りする人が増えています。

           お参りのあとは、自宅で祝いの膳を囲んで行うのが一般的です。




       お参りについて
    
       
神社にお参りをし、おはらいをしてもらったら、表書きを「初穂料」とし、子供の名前、年齢を書き、お礼として
           お金を包みます。

           贈り主の名前は子供の名前で。

          金額は3,000円〜5,000円位が相場のようですが、神社によっては、金額を表示しているところもありますので、
          その時はそれに従ってお礼を包みましょう。

         
         
神社でのお祓い(おはらい)について

          
神社へのお参りは、親子で参拝してお賽銭(おさいせん)をあげるだけでもよいのですが、子供の成長を祝う

           行事ですので、できるだけ神主さんに祝詞(のりと)を
あげてもらい、お守りなどを受けるようにしましょう。



      お参りの服装
             
         
正式には、3歳の子供はお宮参りに着た祝い着、5歳の男の子は広袖の紋付きに羽織と袴の三つ揃いを、
           7歳の女の子は絵羽模様の祝い着を、それぞれ着ます。

           しかし、最近では着慣れない着物を着せるよりも、入園や入学の時にも利用できる洋服にしたりする人が
           増えています。

           また、着物もレンタルの衣装などを利用する人も多くなっています。

            ※レンタル衣裳店として、有名なお店に東京・神楽坂にある「清水衣裳店」があります。


         ワンポイントアドバイス
            最近では、貸衣装と写真がセットになっている七五三パックが人気になっているようです。

            七五三には写真がつきものです。親としてわが子の晴れ姿をぜひ写真にとって、記念にしたいと思うのは
            当然のことですが、このような親の願いを叶えてくれるのが、七五三パックのようです。

            衣装もところによっては、1ヶ月の貸し出しも行っているところもあるようで、撮影料も一緒に格安料金になっ
            ているようです。

            これらも利用するのもいいかもしれません。


 

  
     お祝いとお返し
         
         
お祝い
          七五三は、本来各家庭の内輪の祝い事なので、祖父母や叔父、叔母など近親者のみがお祝いを贈ります。
 
    
          お祝い金の目安は、5,000円〜1万円位。


              
         お返し

         
お返しは不要です。お参りをすませたら、お祝いをいただいた人にお礼の報告をするのがマナ−です。

            お返しは「内祝い」として、千歳飴やお赤飯などを配ればよいでしょう。


         
のし紙は「内祝い」とし、贈り主は子供の名前でします。

       
   遠方の人には、11月中に子供の七五三の写真を添えて、記念の品を「内祝い」として、子供の名前で
             贈りましょう。

      

            
          
ワンポイントアドバイス
             お祝いのお返しとして、祖父母への贈り物は、お参りの記念写真、子供がお礼の声を吹き込んだテ−プ、
             ビデオなどが喜ばれる贈り物となると思います。




      七五三のお祝いの品を贈る場合
        
七五三のお祝いの品を贈る場合には、できれば親に希望の品を聞いてからにしましょう。

           当日の衣装に合う草履(ぞうり)や靴、バッグなどがよいでしょうが、現金やギフト券などを包んでもよいで
           しょう。          


                                   
                               
                                           七五三のお祝いトップへ